置き換えダイエットの効果はあってもリバウンドはイヤ!

ダイエット方法で最も効果が表れやすいと言われているのが置き換えダイエットです。
3食のうち1食を置き換えダイエット食品にすることで大幅なカロリーカットをすることが出来ます。
しかしダイエット食品は栄養素のバランスを考えた健康食品であることを忘れてはいけません。
痩せる食品とは違うので、そこをポイントとして覚えておきましょう。
・何故置き換えダイエットでリバウンドするのか?

まず、何故置き換えダイエットでリバウンドするのか、という点を知っておきたいものです。
これは置き換えダイエットで1食分カロリーを大幅カットしていた分、普段の食生活に戻すとその分カロリーがまた入ってきますから、自然とリバウンドするということになります。
またダイエット食品で無理をして空腹に耐えつつダイエットを続け、目標体重まできたらすぐに通常食に戻してしまうと一気にリバウンドが待っています。

これは摂取カロリーが今まで消費カロリーより下回っていたのが、逆になってしまったことでリバウンドしてしまうのです。
・基礎代謝が低下する置き換えダイエット

また置き換えダイエットは食事を低カロリーにするので、カロリー制限がかなり厳しくかかった状態になります。
つまり基礎代謝も低下し、筋肉量も低下してしまうのが置き換えダイエットのデメリットと言えるでしょう。

さらに食べられないことでのストレスも溜まり、代謝も低下しているので、油断するとドッと体重が増えてしまいます。
・置き換えダイエットでリバウンドしないためには?

置き換えダイエットで極力リバウンドをしない方法と言えば、無理にカロリーダウンをしないという点です。
置き換えダイエット食品をチェックしても、カロリーはそこそこあるものをチョイスし、ボリュームのあるものを選びましょう。
1日1食置き換えることをメインにし、2食の置き換えなど、厳しい食事制限をかけないことが必要です。

またストレスなく続けるためには朝食を置き換えダイエットにすると良いでしょう。
朝食は比較的置き換えダイエットしやすく、また食べないという人も多いため、置き換えダイエットのタイミングとしては充分見合っているのです。
夕食を置き換えることでカロリーは大幅カットされ、体重の減少もかなり期待出来ますが、ストレスに耐えることが出来るかどうかという点が怪しまれます。
そのため、ストレスなく続けるダイエットという意味では、置き換えダイエットは朝食がベストだと言えます。